Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>

2018年

オッセオインテグレーション・スタディークラブでの発表(2018/7/29)
OJというインプラントの学会で発表しました。私は基本天然歯を守ろうと頑張っています。もちろん天然歯を失ってしまったらインプラントという選択はありです。幹細胞から歯を作ると言う研究はされていますが、臨床応用されるまでにはまだ時間がかかりそう。少なくとも今はインプラントという選択は仕方のないこと。でも積極的にインプラントを入れるという考え方には賛同できない。少し畑違いと違和感を覚えながらの発表は、久しぶりに声が震え緊張しました。自分自身がインプラント患者なのでその体験からのお話と、それは「益か害か」なによりも害するべからずと紀元前ギリシャの医者ヒポクラテスの言葉をあげてお話ししました。練りに練ったので達成感あり。
<Osseointegration study club of japan>

【会場となった札幌のスープカレー】
テラスでプレゼン(2018/6/10)
またしばらく講演が続きます。次から次へとプレゼン作りにあけくれる毎日。毎週テーマが違うので、頭の中の整理が大変。インプラント、様々な質問への回答、プラークコントロール。その合間に、抄録、履歴など書類の提出、大学に行って会場費支払いなどなどなど。ふうっと大きく息を吐き、移動の合間にできた時間でシャンパーニュの至福のとき。東京駅を目の前にしてテラスでプレゼン作りが気持ちいい。お店の人は感じがよく、周り中には外国語が飛び交っている。私たちの医療も、院内レベルではなく、世界基準に近づけないと。世界の良い意味でのスタンダードに近づけないと。そんなことを考えつつ、気持ちのいい夕暮れ。
<stand T>

【パソコン、グラス、趣のある駅舎】
熱海倶楽部(2018/5/12)
打ち合わせのため開けておいた土曜日が変更になり、突然ぽかりと空いた土曜日。思い立って旅行に行くことにしました。場所は新幹線で気軽に行ける熱海。花火があるせいか宿の選択肢は少ない。たまたま空いた宿をとって、車内宴会からあっという間の熱海。刺身と煮魚定食からの来宮神社。地ビールを仕込んで部屋の露天風呂で至福のひととき。夕食を食べながら眼下に繰り広げられる花火を満喫。美味しい干物の朝食をたっぷりいただきお土産を買い込んで帰りの新幹線。我ながらめちゃくちゃいい時間の使い方をしているなぁって思います。部屋もよし、料理もよし、眺めもよし、お湯もよし、場所もよし。幸せ。
<熱海倶楽部リゾート&スパ>

【エントランスからの海】
デンタルフール(2018/4/1)
4月1日エプリルフールに牧草一人先生とコラボ講演をしました。牧草先生は歯周病専門医。大阪歯科大学を卒業後、京都大学で解剖学をおさめた先生です。その先生と歯肉の形態と炎症について話す、しかもバトルするということで悩みに悩み、考えに考え、勉強しまくりました。不安な日々が続いておりましたが、蓋を開けてみれば大好評。歴史に残る文献を解説しつつ、自分自身の研究を入れて実際はどうなのか、臨床的にどう応用すればいいのかを話す。初めての試みでしたが、とても勉強になりました。有名な論文を全文読んでみるというチャレンジをすることもできました。「第二弾楽しみにしています」と言われましたが、大変すぎて今はご勘弁。
<牧草歯科医院>

【フライヤーより】
自由な友人と(2018/3/20)
年に1回ほど二人で食事をする大阪の友人がいます。かなり自由です。東京到着は20時すぎだけど会合があるので何時になるか分からないけど待っててねと言われます。正直そういうところが好きです。普通そんな約束しますか?って思います。もちろん、ものすごく頭がよくて、趣味がよくて、話がうまくて、グルメでと魅力はたくさんあるのでそんな約束をします。ですが、会うと何も生み出さないような話をダラダラとしているのを聞き続けます。昔さぁ、この間さぁ。このつぶやきのような話をさせている自分が好きです。こんな話深夜にずっと聞いてくれる人そんなにいないよね。
<深夜まで営業 Le Nougat>

【東京駅で待つ】
日本歯周病学会認定歯科衛生士(2018/2/25)
日本歯周病学会認定歯科衛生士取得のための勉強会でお話ししました。歯周病学会は歯科の学会の中でも権威のある会です。その認定取得はなかなか大変。まずは口腔内写真やX線写真の撮影がされていること、そして正しい言語で話せることが望まれます。試験の最後にはプレゼンテーションをし質疑応答がある。ハードルが高いだけに取得すればその喜びは多く、そこに至るまでの学びは多い。後輩たちには一つの目標にと勧めています。私は講義はするのですが認定取得はしていません。更新のためには指定された講義を受けなければならないのですが、そもそも興味のある話しか聞きたくないからです。そもそも何かに属するのが苦手な私です。
<認定歯科衛生士新規申請>

【ずいぶん通った学会の参加証】
あけましておめでとうございます(2018/1/5)
新年あけましておめでとうございます。今年も講演では色々課題をいただいており、またまた成長の年になりそうです。まずは基礎から。歯肉の付着とBiologic width 、咬合崩壊を止めるシグナル、いくつか依頼を頂いておりますTooth wear、望まれる歯科医院とは、そして歯科衛生士とは、牧草一人先生や下野正基教授とのコラボ講演、国際歯科大会と続きます。そして新年は15年ほど通っております新春浅草歌舞伎。若手の会で、普段は見られない大役への挑戦が楽しみです。今年は松也と巳之助、ガチな二人の大芝居を魅せてくれました。しのぎを削り先輩に学び、どれだけ稽古をしたんだろう。芝居後は駒形の老舗へ。古きもよし、新しきもよし。
<駒形どぜう>

【どじょう鍋】

Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>