Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>

2012年

今年もいい年でした(2012/12/25)
今年も年末恒例の大宴会、餃子パーティーが終わりました。総勢40人近くの人たちが、わいわいがやがや食べて飲んで寝てまた飲んで。全員を知っているのは私だけ。初対面の人たちもたくさんいるのですが、みんなに優しい空間。ほんと、居心地のいい空間は、良い人たちが作るものですね。素敵な友人たちに囲まれて、幸せな時間を過ごしました。今年はハードリカーの飲み比べにシャンパーニュの飲み比べ。16年続くこのパーティーも、だんだん大人たちの時間になってきた。大騒ぎすることもあまりなく、大飲みすることもなく、そこそこ寝ていて、配慮があって。時の流れですね。今年も素晴らしい出会いがあった。本当にいい年でした。
<COGNAC PAUL GIRAUD>

【テーブル】
勘三郎さんへ(2012/12/10)
朝、歌舞伎仲間の友人から「勘三郎さんが死んじゃった」と短いメールが来ました。彼女は息子さんである七之助さんの大ファン。勘三郎さんとも顔見知りです。彼女の悲しみを思うと私はただ「えっ」と返信をすることしかできませんでした。世界で1人だけ芸人を選ぶとしたら、そんな質問でも、私は勘三郎さんを選んだでしょう。芸はまさに天才。間のすごさ。アイデア、愛らしさ、惹き付けて止まないその魅力は、まさに天からの授かりものとしか思えない。もういない?そんな。追悼番組を見ても、実際の舞台とは別物です。伝わる空気はもうない。人は消えてしまうもの、そう実感したのです。やりたいことをやらなくちゃ。見たいものを見なくちゃ。
<中村勘三郎>

【歌舞伎の筋書きの一部】
Pom Pom Island(2012/11/10)
更新をさぼってました(汗)お誕生日に日本を出発。恒例のポンポン島へ。3回目になるこの島は、本当にのんびりしていて癒されます。とはいえ、早朝ダイビングが素晴らしく気持ちのよいハウスリーフ。7時前にはドボン。急いで上がって朝食を済ませ、ボートで行ってまたドボン。お昼を食べたらちょっとだけ休んでまたボートからドボン。帰ってきたらまたハウスリーフでドボン。夕食を終えたらもうぐったり。ヘトヘトになるまで遊ぶ日々。今回はつきについてて、見たいお魚がどんどん目の前に登場。写真はイレズミフエダイのヤング。長く伸びたヒレの美しさはもう涙もの。水中で大騒ぎしてました。幸運の女神は私!と豪語。
<Pom Pom Island Resort Gallary>

【イレズミフエダイ】
リセナン島へ(2012/8/25)
3回目のパプアニューギニアです。人生で3回パプアニューギニアに行く人はそうそういないだろうなぁ(笑)首都ポートモレスビーから国内線に乗り換えてラバウル。また乗り換えてケビアン。そこから港に行って船でリセナン島へ。部屋に窓はあるけど、ガラスも扉も無い。網戸が合ってカーテンがあるだけ。風の通り道をじゃまするものはない。枠に網だけなんです。そこに布だけってことです。それだけでも感動。えらく遠くまで来たなぁと思わせてくれました。網だけの窓からは、緑に輝く見たことのない大きな葉、その向こうに真っ青な空。心の内側まで力が抜けました。来年もとお誘いを受け、OKしました。
<PNGジャパン>

【ビーチ】
出張続き(2012/7/25)
出張が続きます。山形、新潟、奈良、兵庫、大阪、そして兵庫に大阪。最後は福岡です。移動は嫌いではないので、車内、機内を書斎にして充実した時間を過ごしています。とはいえ、三半規管はそれほど強靭ではありません。となると寝に入る。日頃の疲れを緩和する事にもなっています。セミナー参加もありますが、お招きいただく事も多い。ご期待に応えなければと車内スライド仕上げにも熱が入るわけです。現地のおいしい食べ物をいただくこともありますが、夜到着して朝から最終便までセミナーをして、ギリギリでタクシーというのも少なくない。空港のポスターをながめつつ「またね」と手を振るのでした。今度は遊びで来るからねと。
<立ち読み>

【最近はまっている本】
神戸の風(2012/6/10)
兵庫、奈良での院内研修を終え、デンタルショーのセミナー参加予定でしたが、大混雑と聞き挫折。久しぶりに何にもない一日を過ごしました。とはいえ、午前中はホテルでたまったメールの返信、そして7月セミナーのスライド作り。午後は神戸の海沿いをのんびりお散歩、ホテルのアロマテラピーでとろけた後、また原稿を書き始める。まったくのんびりできない性格なんですよね。夜景を眺めつつテラスであける白ワイン。日が落ちればまだ肌寒いけれど、関西の空気って優しい。独特のゆるさがある。何度目かの関西出張で、この空気が大好きになっている。二日目もセミナーさぼってシャンパンブランチかなぁ。
<神戸メリケンパークオリエンタルホテル>

【夜景】
疲れる程遊ぶ(2012/5/7)
ダイビング仲間に誘われて、2年ぶりのサイパン。サイパンの海はすこーんと抜けるように青い。めずらしい魚がいるわけではないのだけど、とにかく海の青さがいい。ただ青い海に浮かんでいるのがいい。のんびりできるのがいい。潜ってしゃべって食べて、遊び倒して夕食を予約。シャワーをしてすっきりしたところで向かうのですが、すでに遊びすぎてよろよろ。あまり食べられずに部屋飲みに突入するも、満腹と疲労のため飲めず、会話の途中で爆睡してました。原稿書きのため持参した資料も、行きの車中で読んだきり。久々に仕事とストレスから離れ、遊びを楽しみました。疲れる程に遊ぶなんて何年ぶり?
<フィエスタ リゾート&スパ サイパン>

【海】
海は海(2012/4/25)
マニラに向かう飛行機はすでに1時間遅れ。到着予定時刻は23時過ぎ。入国審査をすぎて外に出ると、飛行場前は夜中とは思えない喧噪。みんないったい何をしているのだろう。小さい子どもたちもたくさんいる。迎えの運転手は約束の場所に見当たらず。ようやく出会えたのはさらに深夜。暗がりにぽつんとたたずんでいる。それじゃ会えないよ。そして目的地アニラオまでは車で2時間半。深夜まで混み続ける道路を走ったり止まったり。この国はいつ来ても混沌としている。リゾートでも丸一日停電。町中が停電しているらしい。そしてそれはいつものことらしい。何がしたいの?そんなことでいいの?そう問いたくなる。でも海はいつも通り。ちっちゃくてきれいなものがたくさん。海は海。
<パシフィコアズールリゾート>

【愛らしいクマドリカエルアンコウ】
脱力の箱根(2012/4/1)
久しぶりの箱根。新宿駅集合、デパートのトロワグロでパテやオリーブ、サラダにパン。そしてシャンパーニュの仕込んでロマンスカー宴会。そして旅行な感じを演出する箱根登山鉄道のスイッチバック。お宿に着いたらお風呂にドボン。川の流れと笹の葉音をBGMにゆるゆるといつまでも入っていられるお湯は、頭も身体も癒してくれる。ゆったり考え事をしたり、ぼーっとからっぽにしたり、ちょっと泣けてきたり。本当に貴重な時間を過ごすことができました。夕飯はもうへろへろ。あっという間に床に着き。朝風呂に備える。昼までのんびり過ごして午後はエステでまたドロドロ。帰りは日本酒でヘロヘロ。癒されるぅ〜
<翠松園>

【朝風呂&シャンパーニュ・朝食&シャンパーニュ】
過去最高に(2012/3/20)
サポート医院での医院改革が終わりました。院長の目標は「毎年過去最高の医院に」更に更に上を目指す医院だからこそ、改革は素晴らしい成果をあげました。医療ですから日進月歩です。歯科は化学の領域も広い。たとえば詰め物のプラスチックや接着剤、新薬にレーザー治療など、新しい器具も毎年のように更新されるわけです。勉強を怠ったら、患者さんがベストな選択ができなくなる。もし自分が患者だったら、そんな医院に行きたくないじゃないですか。本当はもっと良い治療方法があるのに、先生やスタッフが勉強していないので受けられない。そしてそのことを伝えられないなんて。私も過去最高でいよう。ありがとうございました。
<ブリザーブドフラワー>

【いただいたお花】
パプアニューギニア(2012/2/20)
二度目のパプアニューギニア。ゆかいな仲間たちとのダイビングツアーです。首都ポートモレスビーから国内線でアロタウへ。そこから車で2時間。そして船で20分。リゾートの周りはまさにジャングルです。最初お天気がいま一つではありましたが、ジャングルに降る雨もなかなか。なんでこんなところにいるんだろう。「いる」ってどういうことなんだろう。「私」ってなんだろう。緑をぬらす雨粒を見ながら、ぼーっとそんなことを考える。貴重なひと時。PNGはオウムガイの宝庫。化石好きにはたまりません。美しい殻を愛でながら、また遥か南の島に思いを馳せます。
<PNGジャパン>

【オウムガイ】
冬の伊豆(2012/1/24)
ダイビング好き歯科医師ご夫妻たちと伊豆に行きました。寒さ嫌いの私ですが、大好きな料理のおいしい宿と聞けばこの季節といえどお断りする理由はありません。伊勢海老のお造りから幻のブイヤベース。お昼にフレンチを堪能したお腹に吸い込まれていきました。次の日は何年かぶりの大瀬崎。ダイバーのメッカもさすがに平日、人出はほとんどありません。しかしバッタリ再会したのは去年マレーシアでご一緒したカメラマンの方。とてもステキな方なので大興奮。次の月刊ダイバーに掲載予定とか。人柄をあらわす優しい写真なんだろうな。楽しみです。
<かいとく丸>

【ブイヤベース】
昇竜(2012/1/8)
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年は飛躍の年ということなので、まさに昇龍のごとく大躍進をしたいと思っています。続けていた学会の仕事を一旦離れ、気持ちは軽くなりそして生まれた自由な時間。躍進どころか浮き上がってしまいそう。これはまさにチャンス到来。目線が上に向くのを感じています。年始にまた新しい仕事のお声がけもいただき、初コーチングでは今年行きたいセミナーについて熱く話し、またまた今年も、いえ今年はもっともっとやるぞ!という気分になっています。新しい出会いもたくさんありそう。ワクワクな1年のスタートです。
<大祓>

【実家近くの氷川神社で茅の輪くぐり】

Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>