Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>

2014年

恒例の忘年会(2014/12/28)
今年も18年続いている忘年会が我が家でありました。歯科関係、セミナー関係、ダイビング関係など40人が集います。とにかくみんないい人たち。隣にきた知らない人に互いに声を掛け合う。料理を取り分けてあげる、共通点を探す。勝手のわからない初参加の人たちも、いじけたりせず自分から動いています。会を盛り上げるため、場を静めてからの発声はパーティーの幹事さんのよう。なかなかできることではありません。料理を手伝う人、洗い物をする人、ワインを注いでまわる人。ホステスの私が指示することなどありません。素晴らしい友人たちに囲まれて、幸せな時間を過ごしました。準備に片付けは大変だけど、また来年もね。
<愛用の本「キッシュ&タルト」>

【きれいに焼けたキッシュ】
加藤登紀子さんのコンサート(2014/11/16)
大好きな写真家の中村征夫さんが主宰するホールは開館5周年。その記念に征夫さんのお友達加藤登紀子さんのコンサートが開かれました。場所は征夫さんのふるさと秋田です。前日寄った雪のちらつく角館は武家屋敷の黒塀と白雪。そして鮮やかな紅葉がそれはそれは美しく、しんしんと冷え込む足元も全く気にならないほど。夜は温泉で恒例の宴会。ゆかいな仲間たちの出し物はそれはそれはおかしくて、お酒は美味しく深夜まで盛り上がりました。しっとりと肌にからみつくようなお湯も最高でした。登紀子さんのトークと心のこもったお話はつめかけた人たちの心を打つもので、たくさんの人たちが涙していた。忘れられない時間でした。また来年。
<TOKIKO WORLD>

【雪と紅葉の角館】
八丈島(2014/9/23)
久しぶりに気の合う仲間たちと八丈島に行ってきました。ワイワイ、ギャーギャ、ガブガブ、グーグーとそりゃもう楽しさ満点!台風の合間をぬって、海況は今ひとつでしたが、仲間が良ければそれもまたネタの一つです。「じゃ、飲んじゃうか」の一言ですぐに宴会モード。ヘトヘトになるまで宴会は続きました。今回お世話になったガイドはマクロの達人のりおさん(呼称)。美しい水貝やフリソデエビ、キンチャクガニをごっそりと見せてくださいました。最終日はからっと晴れて真夏を思い出す青空。帰りの飛行機は夕方、となれば、昼からビールがまたうまい。名物島寿司においしい刺身。ステキな夏のしめくくり。
<ダイビングサービス カナロア>

【八丈島名物テングダイ】
2014お盆(2014/8/19)
お盆は近年海通いでしたが、今年はのんびり家で過ごしました。秋は歯周病セミナー、コミュニケーションセミナー、コーチングセミナーと続くのですが、まだ時間はあるしと、半分だけ完成させたスライドを横目で眺めつつ、お友達に誘われ夜は飲み会。六本木から神宮の花火見物、週末は勉強会。そしてビルボードライブ。35年目のバンド「PARACHUTE」は今でもかっこいい。声をあげ手が痛くなる程ノリました。メンバーみんなが今や師匠級。メンバーみんながこのバンドに会えて良かったと語る。聴いてる私もそう思う。あなたがいるから今の自分がいる、私もそう言ってもらえる人でありたいな。
<ソロバトル>

【ギタリスト松原正樹さんと】
震災(2014/7/5)
岩手県国保連合会にお招きをいただき講演をさせていただきました。今回は仕事を楽しくする方法、そしてコミュニケーションその秘訣についてです。お世話役の方が本当に良くしてくださり、準備から当日、そして次の日の観光に至るまで、微に入り細にわたり、まさに万全、完璧な二日間を過ごすことができました。参加者の方々との会話の中に、何度も何度も「震災」という言葉が入ります。東京に住む私たちは、忘れたわけではないのですが、今ではその言葉を日常的に聞くことがありません。ここ岩手ではまだ毎日の生活の中に「震災」が続いているんだと感じました。深く傷を残す「震災」が少しでも癒されますように。
<浄土ヶ浜ビジターセンター>

【やませにけぶる浄土ヶ浜】
余暇?(2014/5/15)
またしてもパプアニューギニアに行ってきました。忙しい仕事の合間をぬってと言いたいところですが、遊びのスケジュールを先に入れ、残りのあいたスペースに仕事を入れているような気がするこの頃。もちろん仕事で手を抜いているわけではありませんが、遊びが「余暇」と言えない私です。人生楽しんじゃってるな。今回は写真家古見きゅうちゃんと一緒。紫外線ふりそそぐデッキで太陽と波音と一体になっているきゅうちゃんを見ながら、地球上でものすごくステキな場所で、その素晴らしさを満喫するという意味と価値について考えていました。日本から何時間もかけて来て、1週間ここで過ごす、なんて幸せなことなんだろう。
<古見きゅう>

【降り注ぐお魚たち】
コミュニケーションセミナー(2014/4/16)
都内の歯科医師会で「コミュニケーションセミナー」をさせていただきました。そもそもコミュニケーションってなんでしょう。モチベーションをあげるのはなぜ難しいのでしょう。あなたはどんな時モチベーションがあがるのでしょう。そして、どうしたらいいのでしょう。日常的に行っているコミュニケーション。なのに難しいコミュニケーション。明日からの、というか、今すぐ試してみたいヒントがあったと思います。セミナーの後会で、参加者の方々が口々にセミナー内容についてお話なさっていたのが印象的。講師冥利に尽きるというものです。明日からの出張に備えてそのまま渋谷泊。いい夢が見られました。
<渋谷エクセルホテル東急>

【早朝の渋谷スクランブル交差点】
和さん会四国お遍路ツアー(2014/3/15)
今回は松山からスタートの四国セミナーツアー。「和さん会お遍路ツアー」と題し、毎日違う医院で、各医院のリクエストに応じ毎日違う内容でのセミナーです。準備は大変なのですが、みんなの顔が浮かびます。「四国を元気にしてつかーさい!」と言われれば「がってんだぜ!」と答えるしかない。羽田空港のホテル前泊から気分は盛り上がります。宇和島、愛南町、四万十を経て高知まで、毎日おもてなしの旅でもあります。最後の懇親会ではみんなとハグ。「和さんありがとうございます!」と涙ながらに感謝の言葉を頂きました。また絶対くるからね。頑張って練習するんだよ。
<よさこいネット>

【ふつうに指定席券を購入したらアンパンマン列車でした】
伝える(2014/2/9)
講演を頼まれます。衛生士に向けて、スタッフに向けて、異業種の方々に向けてのセミナーもあります。内容はもちろんですが、スライドを使うからにはその画面にも惹き付けたい。ビジュアルはインパクトが大きく、モチベーションアップには格好のツール。話の内容も重要ですが、スライドを効果的に使います。「あーそういうことか」、「本当にそーだよねー」、「よし、やるぞ!」そんな風に言ってもらえたらとっても嬉しい。今回は「感染予防対策」感染予防というのは眼に見えないものからの予防です。多少手を抜いても感染者がわんさか出ることはほとんどありません。でもそれは基本中の基本。できるだけのことをやるべきだと思う。そこを伝えたいと思います。ちゃんとやらなくちゃ!と。
<歯科医院の感染管理常識非常識>

【友人の本】
あけましておめでとうございます(2014/1/15)
あけましておめでとうございます。今年は読もうと思いながら積んである本の山。読みたいのだけど暇がないので買わずにいる本。それらを制覇!知識の欲求に答え土台を固める1年にいたします。明けて、日本橋三越開催の、中村征夫写真展に行ってきました。海の写真はフィクションです。彼の作品ではあるけれど作り物ではありません。達人ダイバーたちが同じ場所にいても、同じ瞬間には出会えない。もちろん同じ写真になりません。写真の「プロ」とは、努力や勉強もそうですが「芸術家」としての「天才」があるからこそなのだと思いました。海の神様が選んだ1人なのだと思いました。1枚の写真に1編の映画ほどの感動。海への、旅。
<IMA ONLINE>

【海への旅】

Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>