Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>

2016年

忘年会(2016/12/24)
毎年年末に我が家で宴会をします。今年も40名ほどの参加者で盛り上がりました。宴会は土曜日の夕方から日曜日の夜まで。来る人帰る人、飲む人寝る人、とても自由な雰囲気の会でリピーターも多い。毎年ここでしか会わない人たちが何人もいます。「わー元気!?」「また来年ね!」と集う人たちの笑顔を見ると、料理や片付けはそりゃもう大変なのですが、また来年もやらなくちゃって思います。初めてこの会を催したのはもう20年前。ちょうど私の妹に子供が生まれた日でした。彼は成人式を迎えます。妹夫婦もこの会を楽しみにしており、手伝いもしてくれます。来年は息子と参加をし、一緒にお酒を飲んでいるかもしれません。
<お世話になってる秋庭商店>

【泡がバンバン開きます】
谷口威夫先生とコラボ講演(2016/11/27)
谷口威夫先生と講演会をしました。谷口先生はレジェンド。もはや伝説と言われる先生です。高校生の時、歯科医師だったお父様が交通事故で亡くなられ、バイトをしながら東京医科歯科大学を卒業し歯科医師になりました。考えて、悩んで、頑張って、調べて、やってみて、努力の末に素晴らしい診療スタイルを築き上げた先生です。そのレジェンドと一緒に講演ができるなんて本当に幸せ。先生が何年か前の歯周病学会教育講演で「だって治してあげたいじゃない」っておっしゃっいました。その言葉は私の胸を撃ち抜いた。本当にそう、私、治してあげたいんだもんって思ったんです。いらした方々に本気で治してあげようよって伝えられていたらいいな。
<会場は東京医科歯科大学>

【熱い会場】
山形から新潟へ(2016/10/8)
山形市で日本で2番目に古いスタディークラブで講演をさせていただき、新潟で行われている日本歯周病学会に参加をしてきました。山形は「カリオロジー」むし歯についての最新情報です。ツボにはまったようで、1日がかりの講義、皆さん目をキラキラさせて聞いてくださっていました。そこから新潟は隣だけれど、山形から新幹線で大宮に行き、そこからまた新幹線で新潟に向かうのが一番近いとのこと。交通網によって、距離と時間は随分と違いますね。たまたまセミナーにご参加いただいた新潟の先生の車に便乗。南陽市で旬のぶどうを買っていただきつつ、車内楽しいお話をたくさん聞かせていただいての4時間!無事新潟の学会に出席できました。
<錦屋酒店>

【駅チカ地酒飲み比べ】
軽井沢(2016/9/11)
我が家の近くのバス停から軽井沢行きのバスが出ていると聞き、乗ってみることにしました。サンドイッチに冷やしたシャンパーニュを携え出発は8時過ぎ。余裕です。朝からシャンパーニュを開け、素晴らしい休日のスタート。幸せをかみしめつつしばし眠りに落ちれば、サービスエリア。そして再びの寝落ちで、気付いたら軽井沢。まさに夢のよう。ホテルでランチを楽しんだ後は散策。四方八方を緑に囲まれ、まさに絵に描いたような軽井沢の散歩道。高校生の頃、毎年合宿で通っていたのですが、その頃と変わらぬ理想的な軽井沢がここにあります。期待を裏切らぬその風景に魅了されました。お泊まりはこれまたTHE 軽井沢の万平ホテル。軽井沢は軽井沢なり。
<万平ホテル>

【エントランス】
インドネシア夢時間(2016/8/28)
大リゾートです。天気は最高。暑くもなく寒くもなく。海を眺めながら、プールサイドで飲むビールの美味しさたるや。水温は29℃。美しいバンガイカーディナルフィッシュがそこかしこに。愛らしい稚魚たちや珍しい魚たちが後から後から見られます。美しいマンダリンフィッシュも求愛まくっり。ダイビング前に朝食をリクエスト。食事後ダイビング前に昼食をリクエスト。食事後にダイビングをして戻ると、軽食。潜って夕食。現地料理だけでなく、タイ料理に中華料理が美味しい。海も陸も素晴らしくのんびりさせてもらいました。夢のような日々にどっぷり浸りつつ、部屋で歯科のスライドを作る。窓の外に揺れるブーゲンビリア。幸せすぎ!
<カサワリ・レンベ・リゾート>

【リゾート】
Dr. Hiro(2016/7/3)
休日はよく講習会に行きます。今月は毎週日曜日は講習会ということもあります。仙台、大阪、福岡くらいなら、興味の程度にもよりますがフットワーク軽く参加するようにしています。その中で、山本浩正先生は歯科界の有名人。たくさんの著書があり、臨床をなさいながら文献を読み解き、勉強を続けていらっしゃいます。そしてかっこいい。以前ある太めの先生と見間違えられたのが悔しくて、1ヶ月に10キロ近く痩せたそうです。そういうアグレッシブなところも好きです。講演内容はもちろんですが、目の保養に行きます。後輩衛生士が一緒に写真撮りましょうよと誘ってくれました。内心とっても嬉しかったです。
<著書>

【お宝写真】
南へ(2016/6/20)
西表島にダイビングに行きました。元々佐賀の医院で仕事があり、急に大好きな中村征夫さんとの沖縄本島ツアーに誘われ、そもそも西表島のダイビング予定。この3つを無理やり繋げ、佐賀→博多→沖縄→西表→1日帰って→金沢の医院へ。この無謀な日程のおかげで、6月はあっという間。周りからも散々言われましたが、本当に私って仕事も遊びも楽しみまくっております。二度目の西表は海も素晴らしかったけれど、ショップが最高!広々とした船はいつも綺麗で、美しい海に夢中になっている私の安全管理にも常に配慮してくれ、気持ち良く安心して遊ぶことができました。経験だけではなく、いかに人を楽しませようかと工夫する、そういう人柄だろうな。また行きます。
<ミスターサカナダイビングサービス>

【素晴らしいサンゴ礁】
カリオロジーダイジェスト応用編(2016/5/15)
大阪で景山正登先生とカリオロジー(むし歯学)の講演をさせていただきました。去年に引き続き今回は応用編。前回の参加者の8割近くがリピーターです。私がどうやってむし歯予防をしているのかお話しました。そのコアとなるフッ化物の応用。そして、日本では米軍基地でしか行われていないウォーター・フロリデーション。フッ化物について、世間では賛否両論あります。私たちは専門家として、正しい知識を持たねばなりません。むし歯にはもちろん見えるものもありますが、実は抜いてみてスライスカットしてみないとわからないようなむし歯もたくさんあります。むし歯に無罪はありません。有罪か、有罪とは言えないか。この二つだけです、だからこその予防方法を伝えました。
<会場となった千里ライフサイエンスセンター>

【有罪か、有罪とは言えないか】
TBIセミナー(2016/4/17)
歯科材料のケーオーデンタルで、TBIセミナーをしました。実習つき20人限定の6時間セミナーは、4月、8月共あっという間に満員御礼。みなさんの期待がひしひしと伝わってきます。今回は企業のセミナーなので、参加者のレベルが当日にならないとわからない。どんな層にも対応できるよう、ネタをいっぱい仕込み、準備は万端。なぜ歯を磨くのか、その意味について講義。どう磨くのか、何を使えばいいのかを実習。そして、どう伝えるのか、コミュニケーションのポイントも実習しました。参加者のアンケートはすべて「とても良かった」と最高レベル。担当さんが「和さんの話、たくさんの人に聞いてもらいたい!」って、これまた嬉しい。担当さんたちとの打ち合わせも打ち上げも、笑いっぱなしです。夏も頑張る。終わったら、お疲れ様!のいいお酒を飲みましょうね!
<ケーオーデンタル本社>

【ケーオーデンタル】
ウォーター・フロリデーション(2016/3/30)
横須賀基地に行ってきました。虫歯予防に有効な手段として、WHOやその他国際機関が一番に推奨しているのはフロリデーション、水道水のフッ素濃度調整です。その施設見学に行きました。フッ素は虫歯になりにくくします。自然界には水にあり、土にもあるので植物にあり、動物にもあり、もちろん人間の構成成分の一つです。場所によってフッ素濃度は異なりますから、虫歯予防になる程度に水道水を調整します。日本では米軍基地のみでされています。虫歯になりたくないからです。高齢化社会でのどうにもならない虫歯を予防の切り札。貧困家庭で安価に虫歯予防ができる切り札と世界中では言われています。日本での実現はあるのかな。
<ウォーターフロリデーションファンド>

【横須賀基地ゲート前】
ホテルライフ(2016/2/16)
出張に行きます。テクニックを教えるための実習をする、講義をする、ミーティングのファシリテーションをする。準備には何時間もかかりますし、それなりに相手の反応も気になるし緊張もする。慣れた仕事ではありますが、移動も含めて疲れます。たいていは観光などほとんどしないのですが、たまにその地でのんびりします。セミナー終了懇親会後、一人ホテルの広めの部屋で、夜更かししたり、早朝から起き出してスライドを作ったりと自由時間。久しぶりに神戸で一人部屋飲みシャンパーニュ。やりきった満足と心地よいバスタイムで読書。頑張ったからこその至福の時間。朝焼けを眺めたら朝食はスキップして二度寝もまた良し。遅い飛行機で、のんびり帰りましょう。
<神戸メリケンパークオリエンタルホテル >

【朝焼け】
バリ島(2016/1/20)
年明けはバリ島ダイビングツアー。新橋の久海さん、いつも優しい信ちゃん、だじゃれ連発の楽しいミスターサカナさん。それはもう楽しいメンバーに囲まれて幸せなツアーです。海のコンディションはもちろん大事ですが、それ以上に大事なのが一緒に行く人たち。多少水が濁っていようとも、多少水温が低かろうともそれすら笑いのネタになる。起きて笑って、食べて笑って、船で笑って、潜って笑って、飲んで笑って。あー幸せと思える時間を過ごすことができ、今年もいいことありまくりそうです。なんとも美しいピクチャードラゴネットというお魚はなかなかレアなのですが、ここではにょろにょろ、ポイントにはもううじゃうじゃ。しばらくすると飽きちゃってと、なんとも贅沢。もう10年分は見たんじゃないかな。はぁー、楽しかった。みなさま素敵な旅をありがとうございました。次は西表で会いましょう。
<SARI Dive & Cottage>

【ピクチャードラゴネット】
明けましておめでとうございます(2016/1/4)
新年明けましておめでとうございます。年末から扁桃腺を腫らしついに扁桃腺膿瘍に。口も開かなくなり唾を飲み込むのも困難でしたが、忘年会も新年会もキャンセルしまくり、久しぶりに年末年始をのんびりと過ごすことができました。まずは近所の耳鼻咽喉科へ。そして紹介を受け総合病院で軽く切開。ようやく楽になりました。医療人として受付からの対応、医師の言葉や看護師の立ち居振る舞いなどとても参考になり、それなりに辛いこともありましたが、明日からの臨床に活かそうと得るものたくさんの年末。年明けは無事復活して、恒例となりました浅草新春歌舞伎に恒例の焼肉、続いてバリ島ダイビングツアー。素晴らしい年の始まり。今年もなんやらかんやら、さらにパワーアップ!本年もどうぞよろしくお願い致します。
<浅草新春歌舞伎>

【浅草公会堂のボード】

Column Back Numbers


飲み食べ遊び、仕事も楽しんじゃう日々を綴ったコラムのバックナンバーはこちら
料理好きの私に、友人親戚から一番リクエストの多いのはこちら「ぜいたくプリン」

<Column Back Numbers  2018>

<Column Back Numbers  2017>

<Column Back Numbers  2016>

<Column Back Numbers  2015>

<Column Back Numbers  2014>

<Column Back Numbers  2013>

<Column Back Numbers  2012>

<Column Back Numbers  2011>

<Column Back Numbers  2010>

<Column Back Numbers  2009>

<Column Back Numbers  2008>

<Column Back Numbers  2007>

<Column Back Numbers  2006>

<Column Back  Numbers  2005>

<Column Back  Numbers  2004>