自分にはコーチングなんか必要ない
会社経営のKさんはパワフルで3つの会社を経営しています。給料日前に給料を出すのが自慢であり喜びでした。人生の目標をはっきりと持ち、目標に向かって邁進する毎日です。
コーチなんて、自分で自分の問題を解決出来ない人がやるものだと思っていました。
ある会合で井上コーチの鋭いフィードバックに感動し、コーチを受けてみることにしました。
毎週コーチと話していると、自分の考えが整理できることに気づき、今度は自分も従業員の話をきいてあげようと思いました。今までは指示や命令ばかりで、話を聞くことなんてほとんど無かったんです。これを続けていると、いつも机にかじりついていた従業員が、笑顔で挨拶をするようになりました。
コーチを始めて2週間後、奥さんがコーチに感謝をしていると伝えてほしいと言いました。家でKさんは一人でしゃべっていたんです。奥さんはほとんど聞かずに相づちだけ打っていました。結婚してから25年ぶりに、亭主と話をした気がしましたとうれしそうに話してくれました。